歯周病治療

歯の周りのことも考えた総合的な治療を 

お口の中の病気で虫歯と同じくらい多く、成人病の一つとも言われる歯周病。歯の周りに付いたヨゴレの中にいる細菌が毒性物質を出すと、その毒が歯周組織に入り込み歯周病になっていきます。初期では歯肉炎と言われる炎症だけですが、だんだん歯を支える骨までもが溶かされ、歯周病は気づかぬうちに進行していきます

歯周病の原因は歯の周りに付く汚れであるということ、汚れの中にいる細菌は歯石の中で増えるということが分かっています。ですので定期的に歯石を取るということが歯周病の予防・進行抑制になり、いかに大事かということになります。

 

歯周病治療は患者さんそれぞれに合った適切な治療、メンテナンスが必要になります。

歯周病治療の流れ

1.前処置

歯周病治療に入る前の処置が必要な場合には最初に行ないます。虫歯の治療をしたり、かみ合わせの調整をすることがあります。

2.プラークコントロール

ある程度患者さん自身で汚れを取れるようにならないと、また同じ症状を繰り返してしまいます。正しい歯の磨き方は歯周病治療の第一歩となります。

3.スケーリング

歯石を取らない限り歯周病は再発してしまいますので、専用の器具などを使って徹底的に歯石の除去をします。

4.歯周外科手術

どうしても取れない歯石がある場合などに限り行います。手術といっても少し歯ぐきを整えたり歯の根の表面をきれいにする程度なので心配ありません。

5.メンテナンス

症状が落ち着いていても、定期的な歯石の除去は再発を防ぐためにとても重要な意味があります。毎日の正しい歯みがきと規則正しい生活、定期的な検診で健康を維持しましょう。

Copyright ©伊達市の歯科医院 福田歯科クリニック伊達医院 All rights reserved.