タイトルです。ここをダブルクリックしてください。

タイトルです。ここをダブルクリックしてください。

虫歯治療

それぞれに合った最善の治療を提案します

虫歯の進行度

C1・C2

歯を削って詰め直す事が出来ます。

 

C3

神経を取る治療を必要とします。

場合によっては冠をかぶせる事があります。

 

C4

ほとんどの場合歯を抜かなければなりません。

歯医者さんと言えば虫歯の治療を連想させるように、実際虫歯が原因で来院される患者さんが多いのも事実です。ではどうして虫歯になってしまうのでしょう?

私たちの歯はカルシウムイオンやリン酸イオンからできるハイドロキシアパタイトという物質からできています。このハイドロキシアパタイトは非常に酸に弱い物質なのですが、唾液に含まれるカルシウムやリン酸イオンなどとバランスをとって溶けないようになっています。

しかしひとたび食べ物や飲み物などで糖分を取るとその糖分をエサにミュータンスレンサ球菌と言われる虫歯の原因菌が酸を作り出し、歯の周りの環境が一気に酸性になって今まで保っていたバランスは崩れ、歯はしだいに溶けていくのです。

一度カルシウムなどのバランスが崩れ歯が完全に溶けていってしまうと、もう虫歯が治るということはありません。むしろそこに虫歯の原因菌が住み着きやすくなり、どんどん虫歯は悪くなっていきます。痛みを鎮痛剤で誤魔化したとしても歯の真ん中にある神経まで虫歯が進行するのも時間の問題です。虫歯も初期の段階から治療を始めれば、治療が終わるのも早いですし、歯を抜いたりする可能性も低くなりますので早期発見・早期治療が一番良いということになります。

現代の虫歯治療は小さな虫歯でしたらその場ですぐ治ります。歯はなるべく削らず抜かず大切に使っていきたいものです。左の動画ではその治療方法をご説明しています。

1.虫歯のところを少し削ります。

2.クスリを塗って光を当てます。

3.白い樹脂を流し込み固めます。

4.形を整えて磨いたら終了です。

Copyright ©伊達市の歯科医院 福田歯科クリニック伊達医院 All rights reserved.